Electron Chager Laboratory サイトマップ
| ホーム | 製品情報 | 会社情報 | 資料請求・お問い合わせ | 
ホーム電子水「e−water」 について水とからだのお話
水とからだのお話

水を飲む!それがいちばん簡単な健康法です!

●1日に出入りする水の量は?


私たち(成人男子の場合)は、1日に約2.5リットルの水を摂取しているとされています。
そして約2.5リットルの水を排出し、からだの中での水のバランスをとっています。
イラスト-身体を出入する水の量

★では、私たちのからだにはいったいどれくらいの水があるのでしょう?

●からだの中の水の量は?


人の体は成人で約60%が、水でできています。ただし、その割合は年令・性別・体型によって違います。
赤ちゃんの場合は約77%、幼児は70%、老人53%、成人男子60%、成人女子55%、肥満体50%、やせ体65%

★では、この水は体のどこにあるのでしょうか?

それは、体中の細胞に70%以上、組織と組織の間に約19%、血液に約8%あり、その水が体中をかけ回っているのです。
驚くことに1日24時間で腎臓を通過する水の量は、なんと約180リットル!もあるのです。水は体中を忙しくかけめぐっているのでしょう。


★では、そのようにかけ回っている水は、体の中でなにをしているのでしょう?

●体の中での水の働き


水は体の中をぐるぐる回りながら、各細胞に栄養分と酸素を渡し、不要物を受け取って捨ててくれます。
そして、もう一つ体内での重要な役割があります。それは、体温・浸透圧・pHの調整です。

【代謝を助ける】
食べ物に含まれる栄養分は、体の中の化学反応によって、必要な物質やエネルギーに変えられます。体内の水分は化学反応が順調に行えるように調節してくれます。 

【酸素・栄養分の運搬】
体内に必要な酸素や栄養分は血液によって全身の組織に送り届けられます。その血液の80%が水分なのです。

【不要な成分の排泄】
体内に不必要な物質や、体に害を及ぼすような物質、たとえば「たんぱく質が分解してできる尿素」「過剰なナトリウム・カリウムなどの塩類」「アルコール」などです。水分は、体内を循環する間、これらの不要な物質を細胞や組織から受け取り、体の外に排泄します。

【体温調整】
気候や気温がどんなに変わっても、人は常に約36.5度という体温を維持しています。気温が低いとき水分は体内で対流していますが、高温になると発汗し水分を蒸発させ体温を調節しています。

【体液(酸性・アルカリ性)の調節】
体液を弱アルカリ性の状態に保つと、酵素などが最も働きやすくなります。体内の水分は、体液が酸性に傾かないように調節し、環境を整えてくれます。  

★では、「水を飲む」ことが具体的に、どんなに体に良いのでしょう?

●水飲み健康法

「水」は「百薬の長」昔からいろいろな効果があるといわれてきました!

美容に・・・

【美容の大敵「便秘」に効く!】
人間の体は1日に約2リットルの水分を生理的に要求します。不足すると尿量も便量も減り、しかも便が固く出にくくなります。まず朝の空腹時に水を飲む習慣をつけましょう。規則正しい食生活も心がけて。

【美しい肌を保ち!シワの予防に!】
皮膚には72%も水が含まれています。細胞や血管には、常に水が流れ老廃物などを流してくれます。水分不足はシワの原因です。うるおいのある美しい肌を保つには皮膚の内部からも水を与えてあげましょう!

【ダイエットにも効果的!】
代謝活動には水を必要とするため、活動の活発な筋肉や脳には多くの水が含まれています。水が不足すると筋肉の代謝活動も脳の動きも低下します。ダイエットに水分補給が大切な理由は、水が不足すると体脂肪の燃焼が十分行えなくなります。ダイエット中にはいつもより多くの水をとりましょう。間食をしたくなったら深呼吸して水をゆっくり飲みましょう。
アイコン-太陽 「1日1.5リットル!これがパリ・コレモデルの常識」 世界ウルルン滞在記2000/09/03放映
女優吹石一恵さんがパリ・コレクションのモデルに挑戦という内容。モデルのモニカさんは吹石さんに「今日は水をどれだけ飲みましたか?」と必ず尋ねました。1日に水は1.5リットル。食間に飲むこと。寝起きにコップ一杯の水。トイレに行ってから外出。パリコレのモデルさんの間では、「水を1日1.5リットル飲むのが常識」とのことです。水を飲むことになれていなかった吹石さんも「水を飲んだら自分の鼻にあったブツブツが無くなりツルツルになった」と話していました。

健康に・・・

【体温のバランスをとる!】
人間は常に約36.5度の体温を維持しています。外界の気候や気温が変わっても、身体が水分をうまく調節することで体温を維持しています。風邪で熱が下がらない時も水は有効。発汗を促し、代謝も活発にするので解熱効果が!湿度が高いと汗が出にくく、体温の放熱が妨げられるので頭を冷やしてあげることも大事です。

【イライラに効く!】
水には興奮を鎮める作用があるのです。静かにゆっくり、落ち着いて水を飲めば水は好ましい鎮静作用を与えます。シャックリを止めるのに水を飲むのはこの理論!

【二日酔いに効く!】
水は毒物を薄める優秀な希釈剤。アルコールは少量なら薬にもなりますが摂取しすぎると体に大きなダメージ。二日酔いというほどでもなくても、お酒を飲んだ時はたっぷりの水で早く排出して。

【疲労回復に効く!】
ものすごく疲れた時には、しばらく休養した後、コップ1〜2杯の水分を飲むことが必要。気分をリフレッシュし、体内の老廃物や蓄積した疲労性物質を希釈、排泄を促してくれます。

【禁煙に効く!】
「煙草を5日間でやめる方法」の著者、アルチュール・シュミット博士も、水を飲んで、ニコチン中毒の禁断症状と戦うことを勧めています。タバコを吸いたくなったら、深呼吸してゆっくり、たっぷり水を飲んで。

【味覚異常に効く!】
外食で作られた味覚を正常に戻す!濃い味付けに慣れてしまうとその食習慣が病気の原因になってしまいます。缶ジュースやスナック菓子の代わりに水を飲むようにしていくと、濃い味付けをまずく感じるようなります。

病気の予防に・・・

【慢性の下痢に効く!】
消化器の自浄作用が下痢。水はその働きを助ける下痢は消化器に有害なものや不都合なものが入った時にこれらを体外に出そうとして起きるのです。ほかの疾患がなく下痢が続く時は1日ぐらい絶食して水やお茶など水分の補給を。

【胃腸の病気に効く!】
胃下垂、胃アトニー、胃弱などは自律神経の失調、交感神経の低調などが大きな原因。この神経に活力を与えるのが水。食前30分くらいに生水をゆっくり飲めば、心の緊張も緩やかに。

【食中毒予防に効く!】
幼児が異物を食べてしまった時、あるいは大人でも悪いものを食べて食中毒の恐れがある時などは吐き出さなければいけませんが、それには水を飲んで吐くのがいちばん自然です。

【動脈硬化に効く!】
血管にこびり付いた栄養のカスが血管を硬くします。血管の壁に溜まった老廃物を流し出すには水を十分に補給しましょう。

【高血圧に効く!】
高血圧には原因が多々ありますが大事なのはバランスのとれた栄養と心身の過労防止です。食前に水を飲めば暴飲暴食を防ぎ、減塩と節食になり、水を飲む習慣で濃い味付けの好みも変わってきます。

アイコン-太陽ダイオキシンも水を飲んで流す   日経ヘルス2000年10月号
水の利点は有毒物質を溶かし込んで排泄してくれること。ダイオキシンなどは脂溶性というが、たんぱく質と結合させて水溶性に変えて排泄する仕組みが体にはある。水を飲むこと以外に個人でできるダイオキシン対策はない。腎不全の理由がない限りどんどん飲んでほしい。

【結石の予防に効く】
尿の濃度を薄くすることで結石は予防できる。尿道、膀胱、腎臓などにできる結石の主成分はカルシウム。原因は十分解明されていないものの、尿の停滞、水分欠乏による排尿の減退も原因のひとつです。常に水分を補うように心がけて、おしっこをよくしましょう!

【心筋梗塞の予防に効く】
一般に、夜間は血液の凝固性が低下しますが、まったく水を摂らずにいると血液水分が不足し、血中のコレステロールやカルシウムなどが沈積しやすくなります。眠る30分〜1時間前に水を飲むと予防できます。

アイコン-太陽脳梗塞・心筋梗塞を防ぐ 日経ヘルス2000年10月号
血液中の水分が減ると、血液の粘稠度(ねんちゅうど)が高くなり、血栓を作りやすくなる。血栓が脳血管で起こると脳梗塞に、冠動脈で起こると心筋梗塞になる。血液を濃くする原因は脱水のほか、老化やストレスも関係している。年をとるに従い体内の水分量は減少し、高齢者では60%以下になるので、当然、血液の粘稠度も高くなり、脳梗塞や心筋梗塞にかかりやすくなる。注意しなければならないのは不感蒸泄(ふかんじょうせつ)。水分を排出している自覚がないので、知らず知らずのうちに脱水症状に陥る。寝ている間に水分が蒸泄し、血が濃くなると、脳血栓の原因になるので、就寝前に必ず水を飲んでほしい。

アイコン-太陽ガンを防ぐ! 日本経済新聞
「膀胱(ぼうこう)がんの危険率が半分!」米ハーバード大の研究グループが、「水分摂取量と膀胱がんとの関係」を47900人余りの男性を対象に約10年間調査をし、医学誌上で発表した。それによると、コーヒー、お茶など、水分をとる人ほど腎臓結石になる確率が下がり、ほとんど飲まない人に比べ、コーヒーやお茶を1日4〜5杯飲む人の発症率は半分になることを示した。水を多くとるほど、腎結石や膀胱がんの危険性が減ることがわかっている。膀胱内に発ガン性物質が長くとどまればとどまるほど膀胱がんになる確率も高くなる(犬を使った実験から)。水をたくさん飲む人は排泄も多くなり、有害物質が長くとどまらず、ガンになりにくい。水は発ガン性がある有害物質も洗い流すのだ。

アイコン-太陽「積極的に水を飲んでがんを防ごう」
呼び掛けているのは浜松医科大学の高田明和教授。水を少し多めに飲んで、がんを引き起こす有害物質を排出しようというのだ。有害物質を排出するのに必要な水の摂取量は毎日2.4gほどと通常の2倍強。「思い出した時にもう一杯」の水が効果的だという。

●どんな水を飲むか・・・ やっぱりおいしい“e−water”でしょう!

“e−water”は、人間の体液に近い弱アルカリ性です。上質な備長炭からのミネラルも含まれ、なんと言っても、とってもまろやかで甘味を感じます。いろいろな水がペットボトルなどで販売されていますが、硬度が高すぎる水はやっぱり飲みにくく、なんだかお腹をこわしそうなかんじがします。―水は大切だが栄養素ではない。― 聖徳栄養短大の箕口重義教授。「栄養は本来、食物からとるべきだ。たとえミネラル1つにしても、飲み水に求めるべきではない。むしろこうしたものを超えたもの。」私たちもそう考えます。栄養は規則正しい食事からとることにしましょう、水にはもっと大切な役割がたくさんあるのですから欲張るのはやめましょう!

【参考文献】「おいしい水安全な水」左巻健男著 「水を飲む健康法」川畑愛義著

Copyright 2009 Electron Charger Laboratory Inc.