Electron Chager Laboratory サイトマップ
| ホーム | 製品情報 | 会社情報 | 資料請求・お問い合わせ | 
ホーム新着情報一覧日本経済新聞記事
「微電流、傷ふさぐ」日本経済新聞記事より 2006年7月27日
 回復早める仕組み解明 − 秋田大など研究 −
 皮膚の傷に弱い電流が流れると、傷の回復が早い−−。こんな現象が起きる詳しい仕組みを秋田大学や英アバディーン大学などの国際研究チームが解明した。傷薬とは別に、電気を使う新しい治療法の開発につながる可能性がある。 秋田大学の佐々木雄彦教授、鈴木聡教授らの研究成果。27日付けの英科学誌ネイチャーに掲載される。 一般に皮膚が傷つくと微弱な電気が自然に流れることが知られている。研究グループは電流によって周囲の正常な細胞が傷口に引き寄せられるように集まり、傷をふさぐ仕組みを突き止めた。 皮膚の角質細胞に弱い電流が流れると、ある種の酵素が働いてリン脂質という物質が細胞内にでき、これが細胞を傷のある方向へ内側から押す働きをする。この酵素がないと、電流を流しても傷の回復は遅かった。これまで電流によって角膜の傷の回復が早まるという研究結果が出ていた。
Copyright 2006 Electron Charger Laboratory Inc.