可愛い姪っ子も電子水が無い生活は無理だと

久しぶりに姪っ子と会った 次郎です♪
昨年春から京都で独り暮らしの生活を始めていて、数か月してから・・・
「やっぱり、次郎の水がないとダメだ!」と言い、“チャージャーミニおくだけ”を買ってくれました!

↑はうちの “チャージャーミニおくだけ” です♪彼女の言う「次郎の水」です(笑)
娘や息子が僕の事を「お父さん」から「じろう」と呼ぶようになってからは、姪っ子も「じろう」と呼ぶようになっています(笑)
そんな、姪っ子の住むマンションのお水がとても飲める味ではないそうで、煮沸して使っていた様です。姪っ子の家には電子水装置があるので、生まれた頃から電子水を当たり前の様に飲んでいたので、違和感が半端ないのでしょうね。
で、今日会った時に改めて「美味しいお水が飲めるのが幸せ」と言っていた事に嬉しく思いましたよ♪
ということで、そんな風に思ってくれる人が居る限りしっかり働こうと強く思う 次郎でした♪