34年前の他社製品を修理

はい、今日はとっても古い機械の修理のお話。。

火曜日届いた機械で、1986年1月製のもの。先週に愛知県の渥美半島からお越しになった方の2台目の修理依頼品です。1台目の修理完了品をお送りしたダンボールケースに入れられてお送り頂きました。それで、数時間通電してから確認してみると・・・

左の電流計が故障で動かない右の電圧計はパネルの文字が薄くなりすぎ

20200227_151229_202002271620324d5.jpg

電流計・電圧計も交換したけど、そもそもサイズが違うので上に少し隙間が出来て中が見えてしまうため塩ビのパネルを貼り付けました。少し不細工ですね(笑)
電源コードを指し込むメタルコンセントも交換

20200227_151246.jpg

電源コードがやばすぎたので交換すると、部品が古すぎて入手付加の為代替品を取付ました。以前の取付穴は塩ビパネルで塞ぎました。(これまた不細工!)

20200227_151303.jpg

出力口は、今後当社製の部品を指し込むため交換

20200227_151207.jpg

これも塩ビパネルにジャックを取り付けたものと交換

20200227_151133.jpg

これがやばすぎる電源コード!

20200227_151118.jpg

コンセントに指し込むプラグも本体に指し込むプラグも被覆がずれて内部の電線がむき出し!これは古いものにありがちなのです。

20200227_151059.jpg

一部被覆にキズが!これもヤバイです!

20200227_151044.jpg

はい、新品を製作しましたよ!
本体に指し込むプラグには、被覆がずれないように接着性の収縮チューブを付けました。他も主要部品のトランスや、このタイプで壊れやすい電圧調整器等も交換させて頂きました。
これで、機能的には新品になりましたよ!
基本お客様には、最低限交換しないといけない御見積と、今は大丈夫だけど今後長くお使い頂くために交換しておいた方が良い、と思われるご提案の御見積の2パターンを提出し、お客様の方でお選び頂いています。
今回はこちらのご提案を全て受入れての修理をさせて頂きました。
修理品は明日の朝まで通電しておいてから、最終検査をしてからご返送します。

ということで、こんなとても古い機械の修理をすると、お客様にとても有難く思って頂けるので・・・このお仕事にやりがいを感じる 次郎でした!