炭素埋設・床下敷設用「ヤシガラ活性炭」

特長

粉末ヤシガラ活性炭
  • 粉末の微粒子。粒度が100Mesh(直径0.15mmφ)以下で均一
  • 形状が小さく揃っているものほど大きい吸水力を持っています。
  • 900℃以上の高温で炭化。水蒸気賦活。ヤシ殻の内果皮(シェル)のみを原料
  • ポーラス(微細孔)が多く、ポーラスの壁が大きい。
  • 表面積は1g当たり500~2500㎡のため吸着能力が抜群である。
  • 99.9%以上が炭素で構成され不純物が少ない。
  • 酸やアルカリに侵されず微生物に分解されない。
  • 比重が重い。粉塵飛散の心配がありません。
  • 再生品でなく、新品のため有害残存物がない。
  • pH7.5~8.5の弱アルカリ性 

ヤシ殻を使用

活性炭の原料には、いろいろな種類があります。木、竹、石、おが屑、木材チップや建築廃材なども原料として使われます。弊社の活性炭はヤシ殻を原料とした「ヤシガラ活性炭」です。

*写真はイメージです。

「ヤシガラ活性炭」はヤシ殻の内果皮(シェル)のみを原料とした活性炭です。

ヤシ殻の特徴として、①炭素含有率が高い、②硬度が高い、③水分が少なく炭化しやすい、④繊維質が多く、ロットによるバラつきが少ない、⑤有害物質が含まれていない、⑥大量に安定して供給が可能、⑦安価など、活性炭に最適な原料です。


10㎏の活性炭に約50個のヤシの実が必要といわれますが、ヤシの実は1本の木から数十個も成り、年に3回も収穫できることから、大量の供給が可能です。ヤシの実は捨てるところがなく、果実部分の食用はもちろん、パーム油やココナッツオイル、外側の繊維部分はタワシ、ブラシ、マットなどに利用されます。

ガス(水蒸気)賦活法で製造

ヤシ殻を900℃以上で炭化し、ガス(水蒸気)賦活法で活性炭を製造します。
この製造法により、ヤシガラ活性炭に微細な孔がつくられ、大きな表面積を作り出し不純物を吸着するのです。

販売価格・方法

ヤシガラ活性炭(20Kg)価格 1袋(20Kg入り)12,000円 税抜・送料別

*お問い合わせフォーム・電話・FAX・メールでお伺いいたします。

*送料等、お問い合わせください。

*数量が多い場合は、お見積りにて割引させていただきます。

活性炭の特徴

湿度の調整

活性炭は、湿度が多くなると水分を吸収し、乾燥すると水分を放出します。快適な湿度を保つことにより「カビ防止」「シロアリなどの害虫防止」「有害な雑菌の繁殖防止」「建物の寿命を延ばす」ことに役立ちます。
また、活性炭は水蒸気を放出するときに熱を吸収して周囲の温度を下げ、逆に吸着するときには熱を発生し温度を上げます。これで「夏は涼しく冬暖かい」「四季を通じて快適な空間」の超省エネが実現します!

臭いや化学物質を吸着

活性炭は無数の多孔質でできています。この構造が嫌な臭いや化学物質などを吸着してくれます。

半永久的に効果が持続

活性炭は床下や地中で半永久的に働き続けます。長い目でみると大変経済的。そして無害で最も安全性に優れています。