1969年に創業したエレクトロンチャージャー研究所は昨年50周年を迎えました。

弊社は医薬品医療機器等法による医療機器製造業登録の製造所であり、第二種医療機器製造販売業を取得しています。1977年に厚生省(現厚生労働省)より製造承認を取得し家庭用電位治療器「デンシチャージャー」の製造販売を行なっています。そして交流高電圧技術を応用し、電子水をつくる装置「チャージャーミニ」、空気清浄機「バローラ」等を製造販売しています。累計販売台数は2万数千台となり、多くの方々の健康のお役に立たせていただいていると自負しています。電子水の機能としては科学的根拠が明確でないながら、親から子、そして友人知人などのクチコミがお客様の購入の動機となっており、多くの方よりお喜びの声をいただいております。そして、我々自身も一番の愛用者として確かな製品だと実感しています。2001年からは、交流高電圧技術の主要部品であるトランスの内製化を開始しました。専用の巻線機を導入しコイルを製作するところから自社製造し、この内製化により交流高電圧の技術がさらに向上し発展させています。そして2005年より新しい事業として「EB処理」という切削工具の処理を始めました。これからもエレクトロンチャージャー研究所の技術をさらに発展させ、より多くの方のお役に立てるよう邁進していく所存でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

株式会社エレクトロンチャージャー研究所
代表取締役 平井太郎
取締役 平井次郎